MARRIAGE

おすすめ記事

男女の手とペアリング

結婚写真に有効的なタイプのご紹介

結婚写真へと適している種類に関して、細かく分けて説明して参ります。・六つ切りと四つ切りとは?六つ切りとはL判を左右上下へと、2枚強並べたサイズです。六つ切りの大きさでは、タテ凡そ20cm×ヨコ約25cmになっています。四つ切りの場合では、L判をタテへと3枚並べたサイズです。四つ切りは記念写真として、よく利用されております。・結婚写真の納品形式には様々なタイプがある…

花嫁にキスする花婿

結婚写真を撮影するメリット

結婚式の前後に撮影する結婚写真。結婚写真を撮影するメリットには次のようなものがあると考えられます。○余裕をもった写真撮影ができる結婚式の最中にも写真撮影はできますが、新郎新婦はなかなか忙しくて、ゆっくりと写真撮影をすることができない場合も多いです。故に、結婚式の前後にゆっくりと時間を取って撮影できる結婚写真には時間的な余裕があります。○多種多様な撮影スタイルを選べる…

こちらを見つめる女性

結婚写真の前撮りは本番の練習になります

結婚式は緊張しますよね。プランナーさんとヘアメークの打ち合わせはしていても、実際にやってみないと自分に合っているかどうかイメージを掴むのは難しいものです。そんな時は前撮りの結婚写真を撮ることもお勧めします。本番同様、ヘアメイクをしてもらい、こんな感じになるんだと知ることができます。もし、気に入らない時は本番で変更するのもできますしね。自分はもちろん相手の仕上がりも確認でき一石二鳥です…

花と女性

ちょっぴり恥ずかしいけど素敵な思い出

結婚写真、幼い頃に両親のものを見るのが好きでした。自分の知ってる両親ではなくて、素敵な衣装を着てよそ行きの顔で写っていました。母はたくさんのお色直しをしたので、その分写真もたくさんありました。こんな風に結婚写真を残しておくのはいい思い出になるなと思いました。子供に見られるのは少し恥ずかしいのかもしれませんが…東京で挙げた自分の結婚式の時にも結婚写真の撮影をしました。前撮りで別の日にす…

東京で結婚写真を撮影する際に気を付けたこと

ベッドで笑う花嫁

私たち夫婦は、結婚式を挙げる前に、東京で結婚写真を前撮りしました。もともと結婚式を教会で挙げる予定だったので、結婚写真は着物と袴を着て、東京にある日本庭園でのロケーション撮影することにしました。私たちが結婚写真を撮影する際に気を付けたことは、次の2点になります。
○撮影する時期
結婚式を挙げるのが10月ということで、結婚写真の撮影は7月下旬に設定しました。暑すぎると和服が厳しくなるし、梅雨の時期もできるだけ外したかったからです。また、結婚式の前撮りにすることで、スケジュール的な余裕も持ちたかったというのも大きな理由になります。結果的には、程よい気候の中で、天気にも恵まれ、東京にある日本庭園でのロケーション撮影をすることができました。
○複数の写真館を比較する
結婚写真を扱う写真館は多いので、いくつかの写真館のホームページなどから情報を集めながら、自分達に適した写真館を探すことが大切になります。それぞれの写真館で特徴あるプランなどを用意している場合もありますから、十分に確認すると良いでしょう。
以上2点に特に気を付けながら、私たちは東京で結婚写真を撮影しました。一生の思い出に残る結婚写真だからこそ、しっかりと情報を集め、満足のいく撮影をしたいものです。

東京の有名な式場で結婚写真を撮影しました

5年程前のことになりますが、東京の有名な結婚式場で結婚写真の撮影をしました。前撮りという形ではなく、結婚式の流れに沿った写真を撮影しました。
結婚式の間中いつ撮影されていたか全く分かりませんでした。出来上がった写真データを見て、自然な表情の写真を撮影してもらいとても満足しました。
ロケーションは式場の建物の中と、素敵な庭園がある東京の式場でしたので、外で撮った写真もありました。外で撮った写真も雰囲気がとても良かったため、素敵に仕上がっていました。ただ今でも心残りなことがあります。二人だけで撮った結婚写真のデータを事前に確認されることなく印刷されてしまい、あまりいい表情ではなかったのでとても残念でした。事前にデータを見せられて印刷していればもっと満足のいく出来だったのではないかと悔やまれます。その写真が立派な表紙付きの物に入れられており、両家の両親にも配るよう手配してしまったためとても悔しい思いをいまだにしております。
人生で一度(もしくは2度ほど)の結婚写真ですし、費用もとてもかかります。これから撮影される方がおりましたら、私のように少し後悔される方が少しでも減るといいと思っております。式場の担当者と綿密に打ち合わせをして納得のいく結婚写真を撮影されるよう強くお勧めします。
本当に満足のいく写真を撮影されて一生の記念になるような結婚写真になるといいですね。

東京で自分たちで結婚写真を

結婚式といえば、何かと費用がかかるものですよね。こだわりの式場、式場装花、ウェディングドレスとお色直しのドレス、食事に引き出物などなど。色々考えた結果、結婚写真にお金をかけるよりはゲストに満足してもらえる美味しい食事にしたいと思ったので、私たちは東京で挙げた自分の結婚式ではプロのカメラマンを雇うのを止めました。もちろん、2人の写真と親族一同の写真はプロの方にお願いしましたが、その他の写真は同じ東京に住んでいる弟夫婦にお願いする事にしました。
弟夫婦は写真が趣味で、2人とも一眼レフカメラを持っています。東京や旅行先で撮った写真を見て、2人の写真の腕前を知っていたので、安心して頼む事が出来ました。親しい間柄だけあって、プロの方よりも家族の表情はリラックスして、とてもアットホームな写真を撮ってもらう事が出来ました。今考えると、式が始まる前から終わった後まで、撮影のタイミングを図らなくてはいけなかったので、弟夫婦には悪いことをしてしまった…と反省しています。
また、私たちは全部で30名ほどの小さな式だったので、素人2人でもなんとか結婚写真を撮る事が出来ましたが、100名を超えるような式ではやはりプロのカメラマンに依頼した方が良いだろうなと思います。いずれにせよ、結婚写真は一生残るものなので、納得のいく方法で撮れるといいですね。

結婚写真の前撮りは信頼できる専門業者に依頼しましょう

結婚式場で「前撮り写真はどうしますか」と聞かれることがあります。一生で一度の晴れ舞台を記念に残したいと思う人もいれば、料金が意外と高いなと躊躇する人もいるでしょう。そこで前撮りを業者に依頼するだけの価値があるのか考えてみましょう。 まず、結婚写真に慣れているカメラマンはツボを心得ているというのがあります。事前にしっかりカメラマンと話し合っていると、二人の出会いの場で撮影をしてくれたり、絵になる場所を提案し最高の一枚を撮ってくれます。気慣れない衣装を着ているので周りの人の目が気になったりすることもありますが、そこはプロのカメラマン、冗談を飛ばして、自然な笑顔をひきだしてシャッターチャンスをねらってくれます。 次に、最近はスマホやデジカメの性能もあがっていますが、撮影業者の撮影技術、機材はレベルが違います。少し日が陰れば、光量は全く変わってきます。光の移ろいの中で絞りや照明も変えてくれ、顔が映えるように気を配ってくれます。 最後に、業者は契約時間の中で能力が高いレベルで持続するというのもポイントです。家族や友人のような素人は、しばしば長時間撮影の途中で、集中力がきれてしまいます。こちらはいい笑顔でも、つい手振れして台無しになってしまったりすることもあるでしょう。その点、プロの業者ならば、最後まで集中のレベルは一定です。だからこそ一生の記念に残す前撮り写真は、業者に依頼して最高の瞬間を逃さないようにしましょう。


FUN Weddingでは二人の永遠の思い出を撮影してくれるのです!こちらの結婚写真東京からサイトを見てみましょう!今までに撮影したものを掲載してくれているので、どのような感じなのかもわかるのです!ぜひ東京で結婚写真を撮影したい方にはうってつけのサイトになっております!

男女の手とペアリング

結婚写真に有効的なタイプのご紹介

結婚写真へと適している種類に関して、細かく分けて説明して参ります。・六つ切りと四つ切りとは?六つ切りとはL判を左右上下へと、2枚強並べたサイズです。六つ切りの…

MORE

花嫁にキスする花婿

結婚写真を撮影するメリット

結婚式の前後に撮影する結婚写真。結婚写真を撮影するメリットには次のようなものがあると考えられます。○余裕をもった写真撮影ができる結婚式の最中にも写真撮影はでき…

MORE

こちらを見つめる女性

結婚写真の前撮りは本番の練習になります

結婚式は緊張しますよね。プランナーさんとヘアメークの打ち合わせはしていても、実際にやってみないと自分に合っているかどうかイメージを掴むのは難しいものです。そんな時は前撮りの結…

MORE

ちょっぴり恥ずかしいけど素敵な思い出

花と女性

結婚写真、幼い頃に両親のものを見るのが好きでした。自分の知ってる両親ではなくて、素敵な衣装を着てよそ行きの顔で写っていました。母はたくさんのお色直しをしたので、その分写真もたくさんありました。こんな風に結婚写真を残…

MORE


TOP

Copyright © 2016 東京で本当に満足のいく結婚写真を撮影して一生の記念にしましょう All Rights Reserved.